ズボラの家庭菜園② いろいろ気づく

4/27 朝のルーティーンに野菜の水やりが加わりました。なんて爽やかな朝。

早く大きくするためにはどうしたらいいのだろうか…と、野菜の水やり方法をググってみました。すると「野菜によって水やりの頻度や育成方法が違う」という目を逸らしたい記事がヒット。

ズボラにそんな細かいことはできないので、せめてトマトだけちゃんとやることにします。

トマトの育て方はこちら。

  • 1株ごとに植える。根を伸ばせるよう、プランターは1株に対して直径・深さともに30cmほどのものを用意する。
  • 水捌けをよくするため、プランターの底には鉢底石を入れる。
  • ミニトマトは適温が昼間20度~30度、夜は20度前後。昼間の気温と夜の気温を確認して植え付けする。(私の住んでいる地域は現在4月末では冷え込むため、夜は家の中に避難させました。)
  • 水については諸説あるがほどほどに毎日あげることにした。茎や葉には水をかけず、株元に水をやる。雨の日は家の中に避難させる。
  • 芽かきをほどほどに主茎を真っすぐ伸ばしていく際に、茎のわきから出る新しい芽は、全部は伸ばさず適度に取るようする。
  • 摘心をする。ミニトマトが支柱の高さまで花が咲いたら、先端の枝を摘み取る。これを行うことで成長をとめ、実に栄養が行き渡る。花が5段ほどついたら摘心を行う。
  • 追肥は1段目の実が大きくなってきてから。2週間に1度ほど液体肥料を追肥する。葉が黄色くなったら肥料切れのサイン。

とのことです。鉢のチョイスがそもそも間違っていました。 

まずは鉢をチェンジで…!

でかっ。この鉢によってベランダに残されたスペースはわずかとなりました。

支柱は150〜180cmを推奨されていましたが、60cmくらいのしかないのでとりあえずこれでいいや。

よく見ると花が落ちたあとに実らしきものが。(右上のやつ)

とうとう実がつき始めた。実がつくといっぱい食べたいという欲が湧いてきます。やはり支柱は長いのにチェンジしよう。

その他の作物では、サラダミックスが芽を伸ばし始めました。発芽は種をまいてからなんと2日。成果がわからないとやる気がでないズボラにはぴったりですね。

見てると癒されます。

苗で植えたイタリアンパセリは元気ですが、バジルはなんか痛んでる気が。
育たないと土しか見えないので、何のプランターがわからなくなりそうです。

種をまいたパクチー、三つ葉、大葉、万能ネギはなかなか芽が出ません。

私はこれから8日間出稼ぎに行っくるので、野菜のお世話は彼にお願いすることになります。

次回予告

やめて!襲いくる虫たちに野菜を食い尽くされたら、闇の出稼ぎ中、心で野菜と繋がってる私の精神まで燃え尽きちゃう!

ライフはまだ残ってる。ここを耐えれば、収穫が待ってるんだから…!次回!サラダミックス死す…!デュエルスタンバイ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です